月別アーカイブ: 2021年1月

初心者でも気軽に始められる投資信託とお金を受け取るタイミング

勤務先や時間の都合で副業ができないという人であっても、無理なく始められるのが投資です。ただ、投資には知識や経験が必要、初心者が見様見真似で挑戦しても資産を目減りさせるだけと考えてしまう人もいるでしょう。そんな人でも、無理なくできる投資法が、投資のプロに出資をする投資信託です。ただ、その場で利益を確定していくデイトレードのような投資法とは違い、なかなか利益を受け取れないのではないかと不安を感じてしまう人もいるでしょう。

投資信託の利益を受け取るタイミングとなるのが、分配金を受け取れる日です。分配金を受け取ることができるタイミングとして主流となっているのが、毎月もしくは1年に1回です。毎月分配型となっている場合は、月に1回のペースで分配金を受け取れます。それに対し、1年決算型は年に1回しか受け取ることができません。どちらが良いかは、投資の目的によって異なります。

手持ちの資金が心細くなった時や急にお金が必要になった時は、すぐにでも返金して貰いたいと考えているのであれば、こまめに分配金を受け取るようにしておくと良いでしょう。ただ、毎月受け取るよりも1年に1回にしておく方が、差し引かれる税金が少しお得になることも多いため、返金をすることなく何年も預けておきたい場合は1年に1回受け取る形を選んでおく方がお得です。

投資といえば、大きく資産を増やせるものというイメージを持つ人もいるでしょう。しかし、毎年数%ずつなど少しずつ資産を増やし、将来に備えていくという形が理想となるもです。大きく増やそうとすると、詐欺紛いのツールや詐欺目的のセミナーなどに騙されやすくなります。詐欺に遭い、財産を失うことになれば、プライベートな時間をすべて副業に費やさなければいけない状況に陥る可能性もあるでしょう。それだけに、投資を始める際には、焦らないことが大切です。

投資信託の活用法として口コミでも人気となっているのが、分配金の再投資です。分配金を受け取ってそれで終わりではなく、その分配金を上乗せして投資を行うことによって、効率的に資産を増やせると口コミでも人気となっています。投資によって、一時的に収入を増やすのではなく、将来の資産を増やしていきたいというのであれば、分配金を受け取ったその先のことも考えておくと良いでしょう。投資信託は資産が爆発的に増える投資法ではありませんが、10年20年と継続して続けていくことで、将来の資産を大きく増やせる可能性がある投資法です。