外国人投資家の動きは相場全体を左右する

外国人機関投資家の果たす役割りの重要性について考える

株式市場や各種商品市況を見ているとよく外国人投資家や機関投資家という言葉を頻繁に聞く事が多いと思います、これは日本市場においても大変重要な意味を持ちますので、最低限彼らがどのような存在で彼らの動きがどのような影響を市場に及ぼすのかは十分に考えていくことが大変重要な事となってきます。

外国人投資家の占める比率と役割りに関して

外国人投資家とは一体どのような集団の事をいうのでしょうか。これは日本市場に投資を行っている外国人投資家の事をいうのです。近年の低迷する相場環境において彼らの占める役割りは大変大きかったです。多い時では市場の売買に占める割合が70%前後にもなります。売買対象不在であった日本市場において彼らの果たす役割は大変大きくこ仕手集団と並んで相場を大きく動かす要因ともなってきました。

多くの方がよく聞く名前としてヘッジファンドがあります。彼らは世界中の株式市場やマクロ経済動向に眼を光らせて常に利益を上げる瞬間を虎視眈々と狙っています。世界的に有名なファンドとしてジョージ・ソロスが運用するものがあります。また最近では政府系ファンドの活躍も大変重要な要因です。

近年アラブ系の石油産出国は大変多くの方に支持されています。彼らの資金が時には大変大きなマーケットの変動要因となってきます。オイルマネーは今や世界を席捲する程の力をもっているのです。

最近日本でも出てきたGPIFとは

また年金基金も大変重要な投資主体です。最近では日本でもGPIFと呼ばれる組織が取り沙汰されています。多くの方から徴収した財源でその国の年金財源を運用しているのですから大変大きな責任をもった主体です。その点からしても運用する商品は基本的に安定性の高い資産となる場合が大変多いです。当然格付けの高い債券や優良な銘柄に投資資金は集中していきます。

彼らの動きは日本のマーケットでも大変重要です

彼らの動きは日本のマーケットにおいても大変重要です。彼らの動向で今後の売買に関する判断を行っていく事ができるのです。是非、楽しんで自分の投資を行っていきましょう。
よく聞く売り越しや買い越しという考え方も大変重要な考え方です。これによりその時点から先にどのような相場が起きるのかが大変良くわかってきます。

このように日本株市場は海外からも大変高い注目を集めているのです。是非、彼らの動向には十分な注意を払って普段の相場を見ていくようにしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です